最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« サーモグラフィ調査(1) | トップページ | サーモグラフィ調査結果(1) »

サーモグラフィ調査(2)

業者さんと色々と話をして、なんやかやと訪ねてみる。

「今雨漏りしていますか?」←業者さん

「いいえ」

「10年間で雨もりしなかったら、施工方法の是非はともかく、結果論、建物としてはOKという考えが出来ますよね」(発言通りではない、私はこう解釈した)

なるほどなるほど、確かにその通りだとおもう。30年は保って欲しいが(w)

今回気になっているのは面戸(で良いとおもう)の処理。この部分のルーフィングと壁面防水シートの取りあい、雨仕舞いに問題がある。

「今、あそこを壊して再施工することはどうですか?」

問題は費用対効果です、築7年、正直手を入れるにはちょっと早いですね。あそこを壊してとなると、足場を組むことになって、それならと壁も含め全体をやることになってきます。今雨漏りしているなら当然必要ですが、修繕期間のスパンとしては費用対効果が薄いです。何年かすれば家族構成もかわり生活スタイルも変わるでしょうし、そのときも見据えてやった方が効果が出ますよね。外壁補修と雨樋をつけるだけでもずいぶん変わると思いますよ」

「モルタルを壊すと言うことは、防水紙まで一緒にはがすと言うことですから、躯対の合板も壊す恐れもあります、正直防水の観念から、今漏ってなければあまりやりたくないですね」(一部省略)

「うむむむ・・・」

この時代、何が何でも稼ごうとするリフォーム業者ばかりなのに、この業者さん

正直頭が下がりました。ハイ。費用対効果この言葉が出る業者さん。

頼むならこんな業者さんにお願いしたいですね。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« サーモグラフィ調査(1) | トップページ | サーモグラフィ調査結果(1) »

サーモグラフィ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーモグラフィ調査(2):

« サーモグラフィ調査(1) | トップページ | サーモグラフィ調査結果(1) »