最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« サーモグラフィ調査結果(2) | トップページ | 雨の降り始めはこうらしい »

内壁の状態(1)カビよごれ

土曜日は東京出張の為いろいろ出来ず。しかし、ちょっと気になったところがあったので、行動実行。

2階の北側部屋内壁の隅が実は6年くらい前にかびました。

内壁はプラスターボードに紙製の壁紙を貼った構造。オガファーザーと言って、紙とウッドチップの混合壁紙なので、ECOそのもの。吸湿排湿も可能ということでした。たしかにそんな感じ。

その年は洗濯物を干して、乾燥機を回してました。室内温度が上がり、湿度も上昇。そして、その隅っこにものをおいていたので・・・・かびました(泣)

001_2

カビが下の方で、上から水が伝ってきた状況もないし、結果雨漏りではないということでしたが、気になってその部分をさわったら何となく湿り気が・・・・プラスタボードもちょっとパカパカするし、巾木もちょっと浮き気味・・・・

てことで、ウジウジ悩んでいても仕方がないので~~~~~

プラスタ-ボードを切ってめくってやったわ!

002

ご存でしょうが、プラスターボードは強度部材ではないので、簡単に割れたりへこんだりします。めくるにはカッターナイフで切ればいい。あとでも一回張り直せばいいだろうと・・・本当は壁紙だけめくってやればよかったのでしょうが(反省)そのときはそんなことは考えもせず、決めたら一直線!

サクサク切って切って切る(汗)

結果、プラスターボードの外側、断熱材側には一切汚れはなく、ボード断面を見てもボードが湿潤した痕もない・・・・考えればわかるよな。

Soft_167

水漏れすれば湿潤するじゃんね(泣)湿潤すれば膨れてボワボワになるわ・・・ああ、大馬鹿でした。

でも、ま、これで気持ちは落ち着きました~一安心。

壁の修理は・・・また後日。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

« サーモグラフィ調査結果(2) | トップページ | 雨の降り始めはこうらしい »

建物の現状、施工実態」カテゴリの記事

コメント

ボードを開けてみるとは凄いですね!!
僕のブログヘコメントありがとうございました。
先日、築15年の輸入住宅のリフォームをさせていただきましたがやはり同じように壁の下の方にカビができてました。
床もめくりましたが濡れているわけでもなく、ひょっとしたら内部結露?とも思いましたが多分時期的なもので発生したカビが残ってると考えるのが良いのか〜とも思いました。
その前は築20年以上のお宅をみに行きましたが、ドライウォールの味のすごさに圧倒されました。
僕もこの質感を保っていきたいな〜と思います。
しかし、ぐらっちさんは岡崎なんですね〜^^
僕は豊田なんで近いですね!
立峯は知り合いの大工や屋根屋も働いてたのでその時はビックリしました。
僕もまだまだ勉強中ですがよろしくお願いしますね!!

コメントありがとうございます~。リンクさせていただきました。

コストの関係上1階、階段、廊下はドライウオール、二階の室内はオガファーザーです。
漏水か内部結露かと思いましたが、もし漏水や内部結露だと、プラスターが湿潤してしまうでしょうし

洗濯物の乾燥中湿度がカビにちょうど良い環境だったのだと思います(泣)

オガファーザーは塗装も出来るので、張り替えずに塗ってしまおうかと考え中です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内壁の状態(1)カビよごれ:

« サーモグラフィ調査結果(2) | トップページ | 雨の降り始めはこうらしい »