最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 外壁のヒビ割れを見てわかった(^^;; | トップページ | LED電球に換えてみた(1) »

何が何処が欠陥?いや施工不良?(1)

欠陥欠陥、施工不良施工不良と騒いでみても、このブログを見ていただいてる方には何が何だか分からないと思う。ましてや、同時期に建てたユーザーの方から「防水紙に問題がある」からっていう情報だけでそれを即欠陥、施工不良と決めつけるのはどうかなと思う。

私がもしここを読む立場だったら「騒いでいるだけじゃん」「モルタルにひびが入るのは当たり前じゃん」と思う。

先ず、勘違いされたくないのは、私は立峯が好き(だった)ですよ。←会社もう無いから

基本的な考え方、原価オープンシステム、デザイン、プランニング、意匠、こだわった素材、各部細やかな造り、時には現場で大工さんと直接打ち合わせを行って現場あわせの造作etc・・・いえ造りってこんなに楽しい物だったんたなと初めてわかった事等々・・・このまま何もなく行けば~はい、だいたい満足の状態です。

そりゃ、細かなところに失敗というか、もうちょっと考えが足らなかったかな?というのは有りますよ。常夜灯の設置不足だとか、コンセントがもいっこここにあったら良かったなぁというのとかね。

住まいは快適です。もうじき空けると思われる梅雨、この季節季節でも無垢のパインフローリング+リボス(オイルステイン)仕上げの床は裸足で歩くとさらっとして気持ちいいですしね。モルタル壁にひび割れ?当然です、モルタルはヒビが入る物です。外壁のタナクリーム(いわゆる漆喰)だってコテ仕上げで凹凸があるし、汚れがついてカビが生えて黒くなるのも当たり前です。ひび割れたら直せばいい、汚れたら綺麗にするか、最悪剥離してもう一回塗ればいい。なんとでもなる。

だからこそ残念(><)。なぜこんな施工なのか、細部とかならなんとか対応できる。しかし躯体防水は基幹部分で、いまさら何ともならない・・・やり直すにはモルタル壁剥離、屋根瓦のはがし、面戸、ケラバのアスファルトルーフィング&防水紙のやり直しが必要になる。最悪躯体合板の張り替え、アイシネンフォームのやり直しも。

何処に何に問題があるのか?プロが見れば一撃でわかるでしょう。私が撮った写真です。
この時の私はやはり素人なんだな、今の私なら即やり直しにさせるのに・・・(ちなみに建築の仕事はやってません)

南面の軒先です。

Img_1998

同じ部分です
Img_2271

わかりますよね、現場監督~!ゴルァ


ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« 外壁のヒビ割れを見てわかった(^^;; | トップページ | LED電球に換えてみた(1) »

構造、施工欠陥」カテゴリの記事

コメント

ご訪問ありがとうございます、papa-hoshiと申します。

非常に参考になります。
ぐらっち様がよろしければリンクさせて頂きたいのですが。

これからも、お邪魔させていただきます。

ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何が何処が欠陥?いや施工不良?(1):

« 外壁のヒビ割れを見てわかった(^^;; | トップページ | LED電球に換えてみた(1) »