最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« LED電球に換えてみた(2) | トップページ | ちょっちひと休み&反省(^^;; »

立峯の倒産について(2)

立峯の倒産について(1)にも書きました。「潰れてしまったのは仕方ない」本当にそうでしょうか?

施工主の本音「潰れてもらったら困るですよ。だいたい、嫌いな建築会社で家を建てる人なんかいますか~ですよ。ねぇ。

築何年かで色んな手を入れて、ず~っと住むための家にするんですから、そのメンテナンス、何かあったときに頼るところがないと何ともならないでしょう。特に特に輸入住宅ですから、何かの部品を交換するという作業ひとつとっても、「部品の入手が出来ない」となりかねません。

家は各軒ごとに異なります。てことは
「部品を注文して、それが届いてつければいい」という簡単なものではないです。

沢山の建築会社があります、工務店もたくさんあります。ま、このご時世なので頼めば修繕をやってくれると思います。しかし、気楽に頼めない、得手不得手もあるでしょう。

例えば、我が愛知県は有数の自動車王国です、仮に車を例に取ってみましょう。

地元ディーラーで購入した車を違うディーラーに持ち込んで購入したディーラーと同じサービスが受けられると思いますか?ま~無理でしょう。自分のお店のユーザーを先ず一番に、そうでない一見さんユーザーはそれなりに対処されるというのがなんとなくわかるというか、常識的な感覚ですよね。(すべからくそうだとは言いませんけど)

自動車は車検もあるし、消耗部品もあるのでリピーター化しやすいです、ですから、もしかしたら一見さんでも体よく扱ってくれるかもしれません。「新規ユーザー獲得」って。

しかしだ、家はどうかというと、そうそう壊れるものでもないし、リピーター化することは先ず考えられません。ですから良い言い方をすれば「一期一会」です。悪い言い方をすれば、「その場限り」です。ハイ。ですから悪徳リフォーム会社が横行しました。

ユーザーなんて知識がないから何とでもごまかせるし
最悪穴まくってしまばなんとでもなる。
こんなんですよね。

愚痴になってしまいましたが、正直愚痴です。ハイ。

これから修繕を必要としていく我が自宅、どうやってそれを任せる会社を探すのか・・・・

家を建てる=建てた後もつきあいをお願いするてことですよね。だからこそ、皆さん真剣に施工会社を選びましょう。

あなたが選んだその会社、本当にその会社は大丈夫なのか?

さて、立峯情報です。

現段階でわかっている負債額はおよそ6億7千万円。
情報は「建築総合研究所 さんすけ 倒産情報」から2009/11/09倒産です。

まだこれに今後発覚しそうな何邸かの欠陥未修理金額があるのですが、それはもう「倒産逃げ」ってことですかな?

責任者は「アップウイッシュ」へそして、アップウイッシュのweb見ると笑っちゃいますよ。だって広告ってこうだもん。画像はwebのチョキチョキ。中の小さな写真のリンクはジェトロ名古屋輸入住宅展示場(まだあるのか?)の写真じゃないか?

Upwish

そして、「輸入住宅部門」これってかつての立峯で建てた家そのものだよ。この家のオーナーの方は画像が勝手に使われているこをご存じかしら。それならいいけど。そして、この家の仕様は安価ではありませんね。

Upwish_2

素人はやっぱ単純に「倒産逃げ」なのかと勘ぐるわな。立峯名古屋は別会社ですけど、こちらを残すためか?とも勘ぐりたくなりますわな。事実は闇の中・・・

長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« LED電球に換えてみた(2) | トップページ | ちょっちひと休み&反省(^^;; »

施工会社情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立峯の倒産について(2):

« LED電球に換えてみた(2) | トップページ | ちょっちひと休み&反省(^^;; »