最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 建物各部の用語 | トップページ | LED電球に換えてみた(2) »

何が何処が欠陥?いや施工不良?(2)

梅雨明け宣言後の真夏日というか、良い天気になったし、大雨の後だったのであちこち見て回りました。ちっちぇ~庭の木もやっと剪定しました。

おかげで写真もなんやかやと溜まり・・・正直とても一日二日では書ききれません~(汗)がんばって書きますが、そんなことなので、実際の日時は微妙に前後するかもしれませんが、ま、この辺は笑ってご容赦のほどm(_ _)m

前置きはいいから?本題をサクサクっと。

先日「10年間で雨漏りしなければ・・・」と書いた下り。確かに10年のスパンで考えればそうでしょう。10年たてば家も損耗てか老朽化するし、色々なところに手を入れなければいけません。

「そんなことは百も承~知ぢゃ、べらんめぇ」江戸っ子浅草の生まれなのでべらんめぇ口調がつい。←大嘘です

10年スパンで補修することによって次の20年目そして30年目と住み続けていけるわけですね。当然ちゃぁ当然。

前回(1)の画像、何が何処が施工不良なのか?プロの方はおいといて、一般人というか我々施工主達にわかるように、瓦の下はどうなってるのか?ちょと下の画像を見てください。

約8年前の建築現場画像です。

Roofing1

屋根板(野地板)の上にアスファルトルーフィングがひかれ、その上に桟木(瓦桟)が打ち付けられ、瓦はその上に置かれます。引っかけるだけの物もありますが、我が家は輸入瓦なので、釘で桟木に止められてます。当然防水の観念から下から上に貼っていきます。

瓦屋根は降った雨を完全に防ぐわけではなく、横風やらなんやらで瓦の下に水が廻ります、この廻った水が屋根板にしみこまないようにアスファルトルーフィングで屋根板の防水加工が行われます。

防水加工といっても100%の防水性能が有るわけではないそうです。船をアスファルトルーフィングで作るとたぶん、いつか沈みますだそうだ?。雨水が流れ落ちる状態ならOK~て感じだと思ってもらえばいいと思います(私は建築専門家ではなく収集した情報です。間違っていれば指南ください)

瓦の下に廻った水が桟木でせき止められるとそこで水が溜まって染みるので、桟木の下にはきしめんのような(笑)スペーサーが入れてあります。

裏話)桟木は防腐処理を行ってあるので緑色をしてるのですが、別部分の桟木の汚さに「換えれ」と言った記憶あり。

Roofing2

スペーサーを入れないタイプもあるそうで、その場合、桟木に切り欠きがあります。ちなみにアスファルトルーフィングを留めるのはタッカー(ステープラー、いわゆるホチキスの大きなやつ)で行います。スペーサ入りです。このへんは現場で異なるようですが。

てことは、瓦の一番下の部分の軒先や面戸はどうなってるのか?はい、こう↓です。

Roofing3

桟木とアスファルトルーフィングの間に隙間が有るのがわかりますよね。瓦の下に廻った水はここから抜けます。

さてさて・・・・前回書いた(1)の画像をよく見てもらうと・・・・・どこに問題があるかわかりますよね?問題はこの後の施工です。長くなったのでこのくらいで。

P.S.
10年雨漏りしてないと思ったら・・・雨漏りしてた。そういや以前修理してもらったんだ。しかし、そこがまた・・・

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« 建物各部の用語 | トップページ | LED電球に換えてみた(2) »

構造、施工欠陥」カテゴリの記事

コメント

「立峯」って倒産してたの??!って初めまして「ぷぷ」です
うちも7年前に輸入住宅建てようとしてて「立峯」見た気がします
ざっくり読ませていただきましたが、すごく勉強されてますねぇ
ってか本来しなくてもいい勉強だけど^^;
お互いしなくていい苦労してますね

あっ!旦那の実家が三河だからきっとぐらっちさん家のそば通ってると思いま~す
今度ピンポンダッシュするのでよろしくです(ウソ)

ぷぷさん、コメントありがとうございます~

はい、家を建てるときにけっこう勉強しました~。しかし、所詮素人の付け焼き刃だったので
肝心な時にその知識を発揮することができず、こんな顛末になってます。
写真を撮ってもそれがおかしいことに気がついてない・・・(泣

おっしゃるとおり、本来施工主がそんなに勉強する必要はないのですけど(汗

ピンポンダッシュ・・・嫁はブログのことをしりませんから(爆)百タタキにあいそうです・・・

どうぞまたお寄りくださいませ。

ご心配いただきまして、ありがとうございます。
ウチの施工会社も○産、フランチャイズ本部と契約を変更していたので最悪の事態は逃れました。
しかしまったくいわれのないトラブルに遭い、現在は様子を見ております。

再開しましたら、またご連絡致します。
何か気をつけたほうがいい事など、アドバイス頂けたら宜しくお願いします。

papa-hoshiさん~

そうでしたか。心中お察しします。

しかし、いわれのないトラブルは・・・火の元を消さないとだめですかね(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何が何処が欠陥?いや施工不良?(2):

« 建物各部の用語 | トップページ | LED電球に換えてみた(2) »