最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

外壁よごれ落とし(2)・・・屋根はよ?

今日も熱かったです~(^^;;そりゃもうチンチンよ!わんこではないけど(笑)

昨日は外壁の洗浄をパイロット版(試し版)でやったので、今日は本格的にやろうと。
実は昨日は、例の地デジアンテナの奴を夕方から弄くりたかったので
洗浄に回す時間が足らなかったのです。小僧君のじゃま モトイ手伝いも入ったし(笑)

地デジアンテナの件はまた別に書きます。後書きになっちゃうけど(汗

え~、我が家の瓦はスペイン瓦です。元々雨の少ない地方で作られているので(?)
素焼き、テラコッタみたいなもんです。表面がザラザラで、防水性は国産の普通の(?)
ものに比べれば落ちます。

国産いぶし銀とか表面がピカピカのやつ・・・保水率2~3%
我が家のスペイン瓦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保水率7~8%

てことは水切れが遅く汚れるっちゅうことや(汗)ま、汚れは仕方ないです。しか~し

屋根に上ってびっくり!ニョキニョキと・・・ゴルァ!

こんなんですよ、驚きっす。矢印以外の場所にも育っておられます(汗

Kawara

ということで、外壁よごれ落としは先ず屋根からやりました。

屋根は外壁たぁ言わん、屋根はやねだ。ベらんめぇ^
と、また親爺に文句言われますけど、このさいウっちゃって(笑)

でも、構造のところにあるように、施工不良の問題から、我が家は
瓦の裏に水を回すと抜けないので高圧洗浄は要注意でと。
でも、今日くらい熱いと裏に回った水もすぐ乾きそうなんだが・・・

問題は・・・この苔を落とした方が良いのか、それとも落とさない方が良いのか・・・

苔があるということは、そこに水が溜まるということ。
要は「水の抜けが悪くなっている」「排水性が悪くなっている」のだと思う。

それとも?苔が良い意味でシーリングになってるからはがさない方が良い?

いやいや、大きいのが多い、これ以上育たれて大きくなられても困るし
ここはやっぱり、排水性を上げるためにも

たち、サラバぢゃ~ プシュプシュジャー(擬音)

なんやかんややってたら、縦といが詰まったのか、一部オーバーフロー(汗
仕方なく、洗浄機でブシュ~と抜いて事なきを得ました。ちょっと焦った。
ま、足場もないし、水で濡れると滑りやすくなって危険なので
よごれ落としはてきと~に、苔を吹っ飛ばす位で止めにしました。

我が家は北側に道路があるので、そちら側が汚い。ほんと汚いぞ・・・

あぁ、足場があったらなぁ~もっと綺麗にするのに。
オイトイテ。

屋根はもうやめ。危険だから。
調子に乗ってたらマジいつか落ちるぞ。

屋根の掃除したあとはベランダと外壁を洗浄したのですが~
日焼け対策は行ったものの忘れてたところがこんなんなりまして。ちょい痛し(^^;;

Photo

海で焼くよりちょっと厳しい日差しだったということですね。熱射病に注意。
ま、夕方には一回ち~できたから体は大丈夫(笑)

長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

外壁よごれ落とし(1)

あ~、今日も暑かったです。なんでも、この暑さは9月終わり頃まで続くそうな?
風は何となく涼しげなんですが・・・もうちょっと涼しくなると良いなぁ。です。

さて、我が家の外壁はそりゃもう写真のように汚れまくり、窓枠からのタレ汚れや
樹木によるものだとか、ハイ、汚いです。

また、最近ブログを始めるようになってから家を見る癖がついたのか
はたまた気にしすぎなのかはわかりませんが

何だか外壁が前より汚れて汚くなっている感じがします。

我が家の外壁はラス入り軽量モルタル(16mm厚)にタナクリーム仕上げです。
構造欠陥のところでも触れてますが、構造用合板に防水紙を巻いてその上に
ラス網をタッカー止めし、モルタル施工です。湿式というのでしょうか。
正直、今だったらこんな施工方法お断りです。ま、それはおいといて。

タナクリームは塗料ではなく、早い話「漆喰」です。
漆喰だけだと真っ白けなので染料というか染め粉で色を調合。そして
厚みの確保のため(強度はこの際関係ないと思う)骨材として硅砂を混ぜ
コテ仕上げしてあります。おかげで雨にぬれると良い具合に退色して

風合いが良いですま、しかしその反面・・・です

雰囲気似たようなものに有名なジョリパットがありますが、あちらは
アクリル塗料+骨材+ホニャララなので退色しませんし汚れがつきにくいらしい。

ただ、どちらもコテ仕上げで塗り目を意図的に残しているので、その部分に
ホコリや汚れが溜まって終いにはカビてが生えます。

Wall0

綺麗な外壁を求める人はコテ仕上げとかで変な目をつけないことをおすすめします。
建てたハナは良いですけど、数年たつと・・・が生えますぜ(爆)脱線してしまいました・・・

さすがに7年半も何もせずにホカリッぱなし(一度も洗ったことはない)だと
汚いというより、雨水の流れるところは汚れ、白華しているのか

もうボロボロして白い粉が手につきます。

まずいですね・・・そろそろ塗らないと遺憾ですね・・・

塗る前には下地を作らないといけません。
ヒビが有ればヒビを埋めて、汚れは落として。

というわけで、まずちょっとワイヤブラシでこすってみました。
あまり強くゴシゴシゴシゴシやるとタナクリームがなくなっちゃうので軽く。

ん、まぁ気持ち綺麗にはなるけど、こんなもんだ。赤丸の部分がそう。

Wall01_2

でも白華しているところもそうだけど、粉だらけになっちゃうし(汗)だな・・・・

これじゃぁいかんということでちょっとwebで入手しました。

ハイ!家庭用高圧洗浄機!
タカタ星人のところだとケルヒャーですが、私はこれ。リョービ製。
標準ホースに延長ホースをつけると14mになるので。セットで17K円

Ryobi

ホースは長いが良いにきまっとるわべらんめぇ^
と、江戸っ子の親爺も言ってます。

ちょっちょちょっと組んで、ホース延ばして。全体に水をかけて湿らせて。
んで、おもむろに先端を近づけてプシュシュシュシュ~と洗う。
というか汚れを吹き飛ばす。自動車のコイン洗車と同じ。

うひょひょひょひょ~(^^

面白いように綺麗になる・・・・てか、なんだこのきちゃないのは・・・・

Ryobi2

しかし、タナクリームは塗料ではないので、いい気になってがんがんやると

はい、元が薄いところはハゲます。

Ryobi3

○の中、色が透けてモルタルがうっすらと。
なんでもやり過ぎちゅうのはいけません。ほどほどが肝心。
タナクリームとかでなく、塗装だったら剥がれを気にしないでいいんでしょうね。

調子に乗って、玄関先のテラコッタも洗浄しました。
これは小僧くんがやりたがってたので、彼にやり方を教えてやらせたもの。
ガンバってヤレやぁ~。その間、親父はつかの間の休憩と涼みぢゃ(爆)

洗浄中は水のミストがふわふわしてるので、そりゃもう打ち水以上に涼しい。
どっかでもやってますよね、ミストクーラーとか言って。

暑い夏にはもってこいだと思います。

さて、今日はおためし版なので、明日は本格的にやろう。オホホホ。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

結局、欠陥や施工不良て?その対応(策)は?

結構構造等に詳しそうなくせにちゃんと建たなかったのか?という疑問はここで。

だいたい、欠陥住宅欠陥欠陥というのですが
基本的に何をとって欠陥というのかの定義は正直不明です。雨漏りがなければいいの?
大事だけど、違うでしょう~(汗)それは必要最小限条件ですよね。
感覚的には欠陥=設計不良て感じでしょうか。ま、欠陥の中に施工不良も含まれるので
題名は「設計不良?それとも施工不良?」が正解かもしれませんね。

設計不良は・・・デザイン優先で耐久性、生活性を阻害したもの
             アネハだっけ?なんちゃら設計士みたいに嘘の設計は論外。
施工不良は・・・施工業者の手抜き、知識不足、悪しき慣習で生じたもの

こんな感じかな・・・今回の件はそのどちらに属するかといえば・・・両方でしょう。

設計上、「意匠」を全面に打ち出しているのは理解できます。スパニッシュデザイン
庇の部分、それが醸す全体の雰囲気。これが気に入って建てたわけですから。

デザインはよい。しかし設計不良というより、設計不足の感が否めない。
デザイン優先で、それよって起こりえる弊害を考慮してない。
というか長期使用のデメリットの説明がなかったのは事実です。
1,デザインばかりを優先させてはいけないてことす。

そして設計図面に細かな作業指示がなく、結果現場処理になっているということ。
現場は色んな業者が入り、それぞれが知識不足というか、慣習上
「こうやってきている」で自分の仕事をして、その繋ぎを現場監督が
上手につなげなかったということ。まぁ、自社建設部門を保たない工務店というのは
単なる手配師になってることもあるけど。

2,現場監督が来ない現場はアカンちゅうことですよ。

下請けに丸投げって感じになってるってことでしょ?

私のとこの現場はかなりの頻度で来られてましたが、それでも見逃した。ま、結果から言えば

3,立峯に工務店としての力量がなかった。ちゅうこと。

そして、私の問題も。

正直、ほとんど毎日のように現場に行って、写真を撮ったり業者さんと話をしてました。
良い下請け業者さんたちでしたよ、和気藹々とやれたし、造作で問題のあるところとか
手直しもお願いしましたし、問題になりそうなところは業者さんから改善してくれましたし、
内装大工さんは「立峯の現場は面白いから力が入るぞ~」とか
「出来ることはやってあげるから何でも提案してくれていいよ」と言われてましたしね。

ただ、肝心なところが抜けていた。けっこう勉強したはずだった。しか~し

いくら勉強してもやはり素人は素人

勉強は必要ですよ。今はネットで情報は集めやすいし。
問題
は、チェックしたつもりでもチェックし切れてない。見落とし。
チェックリストに基づいてないから抜ける

ま、施工主がそこまでやる必要があるのか?

いや、建築会社、現場監督がやるのが本筋でしょう。だって現場監督費も払ったし。
ただこの業界の体質はどうもこういう「いい加減さ」が慣例化しているので、やはり

4,施工主もなんとかチェックをしないといけない。です。

保証も10年なんだから10年だけ保てばあとは知らん顔という業者もあるでしょうし。

これから家をたてる方に・・・
どうしよう、よくわからないと言って迷うくらいなら、専門家の意見を聞ける
こういうシステム、チェック方法もあります。一度参考にされたらいかがでしょう。

住まいの水先案内人さん

8年前、実は、どうしようかと迷ったあげく、お願いしなかったのですね。
頼んでおけば良かったと反省してます。今となってなんともですけど・・・・
他にも同様なシステムをお持ちのところもありますからそこらへんは
ぜひググって調べてくださいまし。

さすがにもう一度たてるだけのお金はないしねぇ・・・宝くじは買ってますけど(笑)
ここから先はなんとか自力で、DIYで乗り切るしかないのかねぇ・・・先は暗い(汗

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

地デジのアンテナって何者よ?

今日もそこそこ暑かったですね~。

今日は朝から嫁がおらんかったので、室温が上がる前に

サッサとエアコンを入れて!

おかげで快適な一日となるはずだったのですが・・・

今年の春3月にエコポイントにつられ液晶テレビに換えました。
それまで使っていたテレビは10年選手だったので最近弱ってましたから
決算もからんで良い買い物が出来たと思ってます。

ところが、地デジは放送局が違うので、当たり前ですが
アンテナの向きを変えないと写りません。

しか~し、何故か我が家はアンテナの向きがアナログと同じ方向
本宮山方向」のままで入ってます。
本宮山方向の意味は三河地区の人なら知っているでしょう(笑)

電気屋さんも「おっかしいですねぇ。これ本宮の電波を拾ってませんよ、
たぶんどこかの反射波を拾ってると思います。ぎりぎり写るレベルで
雨の日とかは厳しいかもしれません」
「瀬戸局に向けないといけないのですが、う~ん、隣の道路がちょっと・・・
経験則ですが、たぶん正規に地デジは入らない可能性が高いです。」
と言われてしまいました。

確かに私の家は地デジの「弱電地域」です。
ノートPCにUSBの地デジチューナーをつけて、家の周りを持って歩いても

なんにもはいらんがや~!です。はい、三河弁です(笑)

てことで、本日懸案事項を実行しました。アンテナ調整です。

アンテナ調整って、何はともあれ屋根に上らないといけません。
総2階立ての屋根の上っす。高さは軒先で5.5mちょい。
そんなところにどうやって上ろうかと?
素直に電気屋さんに任せようと思ったのですが

「向き調整して、入らなくてもお金はいただくことになります」

この一言が引っかかってまして。ま、遊びではないので当然ちゃ当然。

上るためにはハシゴハシゴ・・・買うと結構するなぁ・・・・
ということで、近所の人に持ってないか尋ねてみたら~

有りました!

てことで、ちゃっちゃと借りてチャッチャと実行する。
真っ昼間は暑いので、ちょっと夕方になりかかったころに。
ベランダからハシゴかけて、おそるおそる上る。
何でもそうですが、ビビッて腰が引けると怪我をしますから
気分だけはテキパキと安全を確認しながらサッサと上がる。

ん~ここに上がったの建築中の時くらいだな(笑)

アンテナの向きを向ける前に!アンテナ補強線に巻き付いている
なんちゃらのツタを切ってとっておく。巻き付いているとツタと葉っぱで
風の影響を受けちゃうので良くないです。

こんな感じ

Roof11_2

で、ツタの掃除後にアンテナの向きを変える。
え=、結構高いなぁ。手をのばしていっぱいいっぱいだ(汗
このまま落ちたら死亡だな・・・(怖)

Roof12_2

小僧撮影なので、完全に逆光(笑)

で、お隣さんと、そのお隣さんのアンテナ向きをみて、だいたいの方向に合わせて。
下で待っている小僧に「地デジのレベル見て~」と聞くと

「全く写らんよ~。レベルないよ~」

え、何故に!というか、最悪の事態。
瀬戸局のある方向に角度をちょっとずつ変えながらやってみてもダメ。

ということで今まで通り本宮山方向にもどしました。
ん~、なんだこれ?瀬戸局方向に向けてもレベルが皆無・・・
いったいどう~なってるの?隣の電柱のせいか?変なの・・・

仕方ない、また県に申し入れしよう。(隣の高架道路の窓口)

最悪はBSアンテナの設置かな・・・
ま、思ったより簡単に屋根の上に上がれることがわかったので
(なめてかかると痛い目にあうから気をつけよう)
ちょっと瓦のチェックもやろう。気になったところあるし。

長くなったのでこのくらいで。

あ、よい子の皆さんは決してまねをしてはいけません。怪我をしますので。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

エアコンを入れるタイミング

毎日暑いです。暑すぎです。

だいたい、気温が37度なんて状態なので、日光に照らされる家は皿に温度が上がります。

あがらないように断熱材があるべや~!

といういう親父の言葉も聞こえますが・・・

日中、我が嫁は空気の入れ換えとかで窓をアケッパにしているので、直射日光は入るわ
空気で暖められるわで、室内温度が35度くらいになって床もホカホカになってます。

私はいつも「室内温度が上がる前にエアコンを入れないと意味がない」というのですが
どうしても理解してくれません。なんでだろう?

断熱がしっかりした家で、窓もLow-Eなのでそれこそ窓を閉めてエアコンを入れておけば
室温が上がることも無い。室温が上がらないのでエアコンは省エネモ-ドで運転する。

室温が上がって、家の中が暑くなってからエアコンを入れるんだと、温度を下げるために
暖められた床や壁、家具やらなんやらを冷さないといけないから
エアコンが全力運転してかえって電気代がかかると思うんだけど。

エントロピー保存の法則だよなぁって、また大嘘です(笑)

夏の暑いとき、冬の寒いときこそ、上手に温度管理をすることが

高断熱住宅のキモだと思うんだけどなぁ~
そりゃ、確かに玄関からすきま風入るけどさ・・・(汗)

いい加減にわかってくれよ、嫁よ~。ゴルア!

私のこの考えって間違ってますかぁ?

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

あ、雨漏り再発(3)・・・診断1

今日もきょうとて暑かったです~(汗
大渋滞をクリヤしてやっとのこと帰宅しました。
しかし、毎回毎回よくあんなに渋滞するよなぁ・・・ほんとに。
高速道路が完全に車でオーバーフローしてます。
ハイまるでトコロテン状態ですね。ん?トコロテン状態って何?

トコロテンの作り方くらい知ってるだろ~べらんめぇ

江戸っ子の親父におこられますぜ(大嘘です)

さて、お盆の間は帰省していたのでこれといってリペアは進んでいません。
が、休み前にホニャララと雨漏り診断しました。

まずは診断。どこから水がしみ出して、違うな~「しみこんでくるのか?」です。
黒カビでやられたところが浸水部分です。構造がどうなっているのかを考えないと
ただ何となくでは原因追及はできないです。

ここは2*4躯体の開口部で、この外側は2階のベランダです。
ここは典型的な2*4工法の造りで、2階床の上に下枠が乗って、その上にスタッドが。
吐き出し窓が乗るために窓台、窓台受け、まぐさ受けがあります。

え~、この通り。

T_mado_tohshizu

ちなみにこの画像はいえ造りを応援するサイトさんからの転載です。

ここはベランダですから、ベランダ防水加工が施されています。FRP防水です。
実画像はこれ↓

Img_2156_2

どういうことかというと、室内から見るとこうです

01_2

窓台の右、窓台受けとまぐさ受けの部分を中心に浸水しています。
ここか浸みているものの、FRP防水の上端部分は浸みた様子がないので
上からの浸水ではなく、窓台のFRP防水の上を伝わって室内側へ浸水と断定。
FRP防水に穴があって浸水するなら、もっと全体的に、躯体合板も腐るだろうし。

さて、次のステップはサッシ本体なのか、サッシ枠なのか、それともサッシ枠と
躯体の問題なのか、どこから浸水するのかの確認をば。

長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

さてと、ちょっと帰省と。

なく子も黙るお盆がやってまいりました。
何とか今年もお盆を迎えることができました。

先祖様お釈迦様、ありがとう~でございますだ。

てことで今晩から日曜までちょっち里帰りす。
むすめっこ受験生らしいので、里には帰らず、よめっこは娘の世話で家に。
江戸っ子生まれの親父と小僧がいなくなるので←また嘘です(笑)

ていしゅげんきでるすがいい~ずら

だそうな(汗)ま、わからんでもないので、その間どこぞででも

のんでらっさい、行きたいJazzライブでも遠慮なくど~ぞ。

ま、子象と二人でてきと~にブ~ラブラです(笑)

しかし、今夜から明後日にかけて台風の影響が出ます。
大雨、風です、例の雨漏りのところは中に入らないように細工をしましたが
せっかくの実験がみれなくて残念て感じです。漏れたらごめんよだけど。

今朝ちょっと撮ったちっちぇ~庭のデイゴアメリカンなんちゃら・・・
雨風に負けずにがんばってくれたまえ。

Deigo01_2

そうそう、庭に南国系の甘い木を植えるのはやめましょう。
けっこうなんやかやと大変すから(汗

ではでは。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

またしてもちょっち反省(2)

またしてもちょっち反省です。反省猿のように←これがわかる人は古い!(爆)

日記は相変わらずの長文です。日時のおかしいところもあり?(内緒)
読む人は疲れると思います。それは前回(1)でクレームがついて
解決したかのように見えました。が、結局~

簡単が良いならツイッターでもやってろ、べらんめぇ^

と親父に怒られましたので(またしても嘘です)
携帯で読む気力のない方はどうかPCでお読みください(笑)

そして、またしてもクレームがつきました。クレーム・・・・クレーム?

え~、なんでも・・・ちょっとマニアックすぎると?メンテナンスというより
あれはリペアだ。工事だ!と・・・そうかもしれません(汗

もうちょっい日常におこなった簡単なメンテナンスはないのか?
住んだらこんなんだぞ~って言うのが知りたいと?ん~
確かにあそこが痛んだとか細々したメンテナンスとかしてますけど。
そんなん切りがないけど見たいのかしらん?・・・・

約一名希望者がいるのでちょっと書いてみようかなと思いますが~

雨漏りを直してからボチボチとにしまふ。ハイ。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

やっとみつけた(メッシュテープ)

毎回毎回サクサクサクっと壁を壊して切ってめくってくっているわけですが
やっぱ、後日の補修のことを考えないといけません。

内壁補修の場合、特にプラスターボード(石膏ボード)を壊した場合は

1,破損部分が大きな場合・・・新しいボードをサイズを合わせ切ってはめ込む

2,破損部分が小さな場合・・・穴埋めをしてする。

この2種類の方法だと思います。
ま、素人なので、他にプロがやるような特殊な方法はスンマセン、わかりません。
(何か簡単で良い方法があったら教えてください)

どちらにしても、補強テープを貼って、パテで継ぎ目を整形してやらないと
次に壁紙を貼るにしても、ドライウオールで塗るにしても段差が出来て見栄えが悪いす。
本当に小さい穴なら補強テープなんか不要です。ただ埋めれば良いですが

「自分の家だから段差なんぜ屁のカッパだ^べらんめぇ~!」

と言い切れるチャキチャキの江戸っ子には

けつの穴がちっちぇぇ~~~~」しりこだま抜くぞ~って大嘘です。

と言われそうですが・・・やっぱ見栄えと後日の割れはきになるす。小心者だから(爆)

で、探してたのは、継ぎ目に貼るための補強テープメッシュテープとか言います。

建築中なら、内装屋さんとか塗装屋さんとかにお願いして分けてもらうのですが
近隣のホームセンターに無くて。NetやMonotaroとかで探せばあるんですが
之だけを購入する為に送料を払うのがもったいなかったので(このへんがケチクサイな)
今日は外出のついでに割と品揃えの良いホームセンターに行ってきました。

探した探した。み~っけ(^。^

これです。ファイバーメッシュの片側に粘着のりがついてて貼ってパテ整形します。

063

こんな感じ。

064

580円でした。高いか安いかは・・・ど~だろ?
でも、普段見かけないので、見つけた時に購入しておかないと

いざ買いたいときに品切れ(泣)というはめに・・・

でも、10mも必要かどうかは・・・2階をそのうちDIYでドライウオールに(大嘘)
パテは・・・建築中に小分けしてもらった粉末ものがまだあるはずだしっと。

次はプラスターボードをどっかで小分けしてもっらおう~っと♪

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

何が何処が欠陥?いや施工不良(3)

本業が忙しいので(貧乏暇なし)なかなか書けてません・・・オイトイテ

前回は施工時の画像と、雨仕舞いについて説明しました。

で!何が問題なのか?

はい、施工時の写真を基に、躯体に対してルーフィング処理、壁防水処理が
どうなっているかをわかりやすくちょっと書いてみました。
windowsに標準のペイントブラシなので縮尺は的当~ですから。

こうです。

Roof

実際は壁防水紙の外側にはさらにモルタルがあります。厚さ指定は16mm
これだと吹き込んで瓦の下に回った雨水は最終的に何処にいくのよ・・・・

こうなっちゃうわね・・・・

Roof2
瓦の下に回った雨水はルーフィングを伝って壁防水紙の裏側に廻って入って、飾り部分、壁板を濡らす。
屋根板、壁板は構造用合板で一応防水タイプ。それでも濡れていると時間の経過でカビて腐る。
飾り部分は2*8とか10部材で防水、防腐処理さえされてない。どうなってるやら(汗

あぁ・・・・・壁が腐ってるだろうな。真っ黒けかな・・(T.T
壁、フレームの飾り部分が真っ先にやられてその下の壁板がやられる。
屋根板の端の部分も当然やられてるんだろうな。

壁防水紙の上端をもっと下げて、アスファルトルーフィングの下に繋ぐのが防水だろうて。
重ねあわせをとるか、水切りを使うとか。アスファルトルーフィング折ってもいいでしょ?
デザインは良いんだけど屋根板の出先が無いので、壁防水紙との重ね幅がとれないよね。

Roof3

んで、壁の下側部分の防水紙はメーカーの印刷もあって、モルタル専用なんだけど
飾り部分、鼻板だっけ?ここの防水紙はなんじゃ・・・
ま、この施工だと、どんなに良い防水紙を使ってもダメってことだな。

これは欠陥?それとも施工不良なの?

どっちもどっちか。今となっては手の出しようがない。
足場を組んでモルタルを剥がして躯体を露出させて躯体からやり直すのかよ・・・

何処にそんな費用があるんだろ?フゥ・・・

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

あ、あ、雨漏り再発(2)・・切開

先週とりあえず緊急オペして、壊死した部分の切除をおこなって、膿層の開放乾燥まで
行えたのであとは症状安定後に再建オペを行えばいいということで・・・

なんのこっちゃ~ですね(爆)

家の修理って体の手術に似てます。外科的療法。悪いところを突き止めて
そこをやっつけると。必ず再建しないといけないので、整形外科って感じっすね。

ということで、本日(本当は昨日と今日にわたって)本格的にやってみました。
先週末の大雨でまたちょっと滲みてたので、こりゃもうヤランとあかんぞっと。

まず、緊急オペで開腹した術野内では壊死した部分の完全切除ができてないので
きちんと予定をたててオペする。ERではなくて、一人でカンファレンスから初めて・・・

つい本業の癖がちょっとでてしまいました←すみません、また大嘘です(笑)

えと、まず窓のモールディングと、床の巾木を外します。
取り付けは一部接着剤と仕上げ釘、または隠し釘で止められているだけなので
剥がすだけです。

注意点はクロス側のジョイントシールをメスもとい!カッターで切っておくこと。
これをやらないとクロスが破れます。今回は力作業が多くなりそうなので
大型カッターを使っていますが、軽く切るだけですよ。

11

んで、その後は遠慮なくモール、巾木を割らないように剥がす。剥がすのは内装用のバール。巾が広くなっているのでモール達に傷が入りにくいです。ホームセンターで1500円くらい。

12

これをつっこんでこじりながら剥がす。一部ボンドも貼ってあるので隙間を広げながらカッターでボンドを切っていくと楽ですね。

13

ま、正直細かな傷は気にしない。なんてったって

自分の家だから~俺が神様だぜ!すみません、調子コキました。

開腹して壊死部分をどんどん切除していく。
プラスタボードの水浸潤部分は後日カビの原因になるので遠慮なく切除する。でも
アイシネンフォーム(断熱発泡材)のベーパーフィルム(内部結露防止フィルム)は切らない様に。
そこはもう上手に、まるで癒着部分をクーパーで剥離するごとく・・またなんのこっちゃ。
今日は医者モードだな(爆)

ま、フィルムが切れたらテープで貼ればいいだけだけど~(笑)

んで、こんな状態。黒くなっているところが漏水にやられたところ・・・ギャッフン(泣)

14

この際だから徹底的に。後はなんとかなる。最終的に見栄えより耐久性!
てことで、乾燥させため発泡材も全部出してきれいに。こんなんなりました。

15 

右下のシミぐあいが気になるので、もうちょっと右を切除して。乾燥剤ほうりこんでおく。
この乾燥剤は依然もらった建築用のやつ(笑)

16_2

本日使った工具はこれだけ。あ、あと掃除機と雑巾と扇風機~
やる気になればなんとかなるもんだ。

17

そして、次は原因究明に進む。多すぎて書ききれん・・・これ書ききれるのかな・・・(汗

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »