最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« さてと、ちょっと帰省と。 | トップページ | エアコンを入れるタイミング »

あ、雨漏り再発(3)・・・診断1

今日もきょうとて暑かったです~(汗
大渋滞をクリヤしてやっとのこと帰宅しました。
しかし、毎回毎回よくあんなに渋滞するよなぁ・・・ほんとに。
高速道路が完全に車でオーバーフローしてます。
ハイまるでトコロテン状態ですね。ん?トコロテン状態って何?

トコロテンの作り方くらい知ってるだろ~べらんめぇ

江戸っ子の親父におこられますぜ(大嘘です)

さて、お盆の間は帰省していたのでこれといってリペアは進んでいません。
が、休み前にホニャララと雨漏り診断しました。

まずは診断。どこから水がしみ出して、違うな~「しみこんでくるのか?」です。
黒カビでやられたところが浸水部分です。構造がどうなっているのかを考えないと
ただ何となくでは原因追及はできないです。

ここは2*4躯体の開口部で、この外側は2階のベランダです。
ここは典型的な2*4工法の造りで、2階床の上に下枠が乗って、その上にスタッドが。
吐き出し窓が乗るために窓台、窓台受け、まぐさ受けがあります。

え~、この通り。

T_mado_tohshizu

ちなみにこの画像はいえ造りを応援するサイトさんからの転載です。

ここはベランダですから、ベランダ防水加工が施されています。FRP防水です。
実画像はこれ↓

Img_2156_2

どういうことかというと、室内から見るとこうです

01_2

窓台の右、窓台受けとまぐさ受けの部分を中心に浸水しています。
ここか浸みているものの、FRP防水の上端部分は浸みた様子がないので
上からの浸水ではなく、窓台のFRP防水の上を伝わって室内側へ浸水と断定。
FRP防水に穴があって浸水するなら、もっと全体的に、躯体合板も腐るだろうし。

さて、次のステップはサッシ本体なのか、サッシ枠なのか、それともサッシ枠と
躯体の問題なのか、どこから浸水するのかの確認をば。

長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« さてと、ちょっと帰省と。 | トップページ | エアコンを入れるタイミング »

雨漏り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ、雨漏り再発(3)・・・診断1:

« さてと、ちょっと帰省と。 | トップページ | エアコンを入れるタイミング »