最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

約8年後の床状態(1)

天気が悪いと何も出来ない・・・ぢゃなくて、今日は家以外のDIYをしてました(笑)

某所で「パイン無垢床に長年住むと、実際にはどうなるのか」とあったもんですから
実際の状態をちょっとUPしてみました。

ただ、天気が悪くストロボを炊いたので、全般的に床の色は実際の色よりちょっと濃いめです。

まずは、ゴソゴソっとPCの奥底から出してきた、引き渡しの時の床。
まだ家具やカーテンが入ってなく、日も良く入ったので、色味はこんな感じです。
1階は厚さ36mのホワイトパイン無垢材にリボスのオイルスティン、色はオークです。
まだ幼稚園児だったコゾ~君の足はご愛敬。床がきれ~~~~~~

Floabef

で、今の状態はこれ。なんぢゃこりゃ~(^^;;

Floa00

この部分は正直一番ひどいところです。引き渡し後7年9ヶ月塗ってません。
色味はちょっと濃くなってます。初々しさは消えて、年数が醸し出す色つやになってます。
え~、普通は色がだんだん剥げて薄くなるとか、拭き掃除をこまめにすると
色が抜けて薄くなるとか言うのですが・・・ホンとか?

実は我が家は基本「裸足族」なので、みんなの足の裏とかの人脂で・・・

かもされた訳だよ、かもされたの!

拡大するとこれです。実際の色はもっと薄いですよ。
ストロボが光ると黒くなっちゃうのでね。

Floa01

赤矢印の部分は木目と木目の間の柔らかいところで、ここは擦れて色が剥げてます。
こういうところはもう無数にあります、が、これはメンテナンスで塗れば問題ないです。

青矢印は傷です。何かでひっかいた跡です。その何かとは・・・

小僧のジーンズのポッケのメタルボタン!

まるでワンコがおしりを擦ると同じように横着に移動するのが原因・・・・
はい、初めは叱りましたが、正直もうどうでも良くなってます。

階段も真ん中を歩くので、その部分が擦れて剥げてます。
ただ、階段は過去に色の剥げた部分はリボスを塗ってますので
1階の床よりハゲは少ないですね。
こんな感じ。

Step00_2

Steo01

拡大はこんなん。

Step03

どうですか?パインは柔らかいので確かに傷は付きます。
でも、ちゃんと剥げたところのメンテナンスをすればハゲは大丈夫。
ただ、へこみとか、深いひっかき傷は・・・気にしちゃダメですね。

ちなみに我が家の2階はコストからもうちょっと安価な薄いパイン材を使っています。
レッドパインだっけか?こちらはちょっと堅めなので、柔らかいホワイトパインを使った
1階とは雰囲気が異なります。傷の付き具合とか、擦れとか、ハゲとかも。

このように使うパイン材によって、同じオイルスティンをしても擦れての剥げ具合とか
色の熟成具合も変ります。このへんはほんとうに長くなっちゃうので次回にしますね。
って、だれか読みたい人がいるのかな・・・?

本日も長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

外壁の修理(4)・・・下塗り

今日も良い天気でした。朝からちょっと薄曇りだったので、DIY日より。

日なたはまだちょっと暑いけどねぇ(^^;;

確かに、もうちょっと涼しくなると絶好のDIY日よりなんですけどね。
来月くらいが一番いいかもしれません。やっぱ30℃越えるとまだちょっとね。

さてさて、本日は下塗りをしました。本当は一気にかたをつけたかったのですが
こんな暑い日に漆喰を厚塗りするとひび割れしちゃうらしいので、まず下塗り。
でもって、しっかり乾いたら上塗りします。という予定。

それより、昨日のできばえは如何に?
てことで、こんなんなりました。ん~、ちょっと黄色味がきついかな・・・

01_2

拡大はこんなん。

02

変な風に退色しているので、ちょっと色が合いにくいけど
今日はちょっと黄色味をへらせば良い感じになりそう。

ちゅうことで、漆喰を準備。今日は約2.5Kgくらい。
はいい~、練って、色混ぜて、硅砂混ぜて、もうちょっと色混ぜて~
昨日より心持ち黄色を減らしてと。

ま~下塗りとはいっても上手くいったら一回で止めようかとも思ってるし
そこはそれ、DIYは気分次第~(爆)

は、マスキングして、コテと漆喰もって塗り塗り・・・・・・約2時間。
できあがりはこんなん・・・・

03_2

うげ、この壁汚れてくすんでいるのを忘れてた・・・・
やっぱ、塗る部分に合わせて色を調整しないといけないなぁ。

長いひび割れがあったので、急遽漆喰だけを少しはがし、ペーストモルタルは
塗らずに漆喰だけを塗ってみた。ん~、ここも色味が合わん・・・

004

んんんんん、下塗りだから仕方ない・・・いや、納得いかないなぁ・・・・
問題点は汚れてくすんだ分をどう色合わせするかだな。黒や緑でも足してみるか。

それとも、雨が降って汚れるのを待つか?(笑)

ま~屋根の上での漆喰塗り、漆喰の柔らかさ調整とか、左右の手で
コテを動かすコツがちょっとわかってきたのでとにかく、上塗りは~

もうちょっと上手く決めよう!、いや、決まるはず(汗)

てことで、上塗りは二週間後の予定。ん?なんでって?
木曜日の祭日は天気が悪そうだし、次回の土日は金沢に出張。
なかなかタイミングが合わないねぇ。しごと休んでやったろかとも思うけど
なかなか難しいのだ。

しかし、もし、ここに足場が有れば・・・・

この一面全面塗り直しちゃうのにな。そのほうが早くキレイになるのに。
ん~、屋根からだと今日塗った所までしか手が届かないからなぁ・・・・

メッチャ悔しいゾ(><)

しかし、屋根に出てると、町内の人から面白いほど声がかかる。
まさかDIYやってるとは思えないそうで・・・ま、確かに(汗
たまには圧倒的な上から目線で近所の先輩方と話をするのも面白いもんです(爆)

てことで、本日はここまで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

外壁の修理(3)・・漆喰準備?

慣れない力仕事をすると、けっこうま~~~す

普段はペンしか持たないからねぇ←すみません、大嘘です。

さて、本日は漆喰塗りです。ま、時間の都合で東面はやれずしまいでしたが
小僧とともに海猿ラストメッセージを見に行ったので時間切れとはいえへんぞ(汗)
なるたけ部分補修で済むようにちょっと小細工をしてました。

我が家は漆喰(タナクリーム)に黄色だっけ(?)を適量混ぜてこの色になってます。
白+黄色=クリーム色ですな。
普通の塗料でもそうですが、同じ色の塗料(ここでは漆喰)さえあれば今回
ひび割れを修復するために剥がした部分のみ塗ればいいことになります。
まぁ、漆喰の微妙な退色具合と、コテ跡は同じように再現できませんが
現状で色むらが有るわけですから、それはそれ、まぁ適当にやっても

見栄えは何とかなるべや~

だと思います。特に歩いているときに、自分の目線より上なんて正直

誰も意識してへんわ!べらんめぇ~

だそうです。確かに確かに。

と言うことで、まずは今の漆喰と同じような雰囲気をつくって試してみました。
でも、基本はDIYですから、余り難しい作業と、入手し難い材料ダメ。

やっぱ、これは基本です。ちなみに外壁用タナクリームは直販無しだってさ。

んで、ネットで探し出した「ねり済み漆喰」しかも、「外壁ブロック用」さらに
下地にプライマー不要。ほぉぉぉぉっ~どれどれ??てことで入手。
5Kgで2000円。ちなみに5Kgだと2m^2(2㎡)塗れる。
(9/22、重量間違いのため訂正しました。1Kgじゃなく、5Kgでした)
黄色は確かあそこのホームセンターで売ってたはずなのでGET!
こんなんです。

01 

んで、先週ちょいと混ぜて塗り試験。ん??、ちょっと質感が異なるねぇ。

ちゅうことで、さらに質感を同等にするために骨材を増やすと。
元々、建築時はタナクリームに多量の寒水と硅砂を混入してたから。
ま、これが問題の一つかもしれないのは棚に上げてと。

寒水はねり済漆喰に混ぜてあるみたいなので、私が用意したのは安価な硅砂
建築時の資料から「5号硅砂」というのはわかっていたので、またしても
ホームセンターを回って、なるだけ白っぽい5号硅砂を入手。15Kgで490円(笑)

Keisa

さてさて、調色調色。
漆喰に着色料混ぜて、手で練って練って。んで、硅砂を適当に放り込んで~
水で塗らした壁の色になるだけ近くなるように色を合わせていく。

00

乾燥したらちょっち白っぽくなるので、ちょい濃いめで。

003

ん~若かった頃はストレートをショットでグイグイと・・・なんのこっちゃ(笑)

調色が出来たら試し塗り。なんせ、コテ使うの初めてだからさ~
使い勝手を学ばないとね~オホホホホ。

ということでちょっち塗ってみました。
まずマスキング、壁面を塗らして養生。

Photo

そして、漆喰をコテ塗り。慣れるまではちょっと時間が必要やね~
で、とりあえず調色した分はこのくらい塗れた。

Photo_2

まだちょっとしろいかもしれん・・・あとは乾燥した時の色具合と質感ですな。
明日の朝にはわかるでしょう(汗

まぁ、自分の家だからDIYで自分が満足してればそれでOK。
んで耐久性がしっかりすればいいのさ。

ということで、本日も疲れたのでこれでしゅ~りょ~。

オマケのイチマイ。昨日屋根の上に出てたのを見ていた小僧、どうしても
出てみたかったとのことで、本日出させてみました。当然中で私が確保済みだけど。
子供は親に似るらしい・・・・たくましくなれよ~まだまだ父は越えれんぞ。ホホホホ。

Photo_3

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

外壁の修理(2)・・東面の下準備

こんばんわ~。今日は良い天気で、まっことDIY日和でした。

久々に完全休日が取れそうだったので、本日は東面の補修を行いました。
まぁ、今日は下準備、下地造りで、実際には明日が本番なんすけどね。

物事は下準備が出来た時点で80%完成ぢゃ^べらんめぇ~

はい、江戸っこの親爺がいう通りだと思います。さて、補修の段取りは以下の通り。

ヒビ部分の漆喰を剥がす。
     ↓
ひび割れ部分のモルタルをなおす。
     ↓
窓枠のコーキングの痛んだところをなおす。
     ↓
漆喰の下塗り。
     ↓
漆喰の上塗り。

はい、文字にするとか~んたん。チャッチャッとやっつけましょう~(汗

で、午前中からかかってなんだかんだとやりました。

しか~し!ひび割れ修理はともかく、窓周りのコーキング部分の漆喰が
もうボロボロになっていて、ただ単に土が載っているだけの状態。
ちょっとつつくとポロポロ落ちる・・・・こりゃアカン~
さらに壁のひび割れが予想以上に根が深い。というか、やっぱひび割れは大変。

まずはサッシ枠コーキング部分の漆喰状態。
これ、スクレッパーでちょっとつついただけですよ。まるで密着してない。
やっぱ変成シリコンシーラでも、シリコンはシリコン。密着ダメだす(汗)
それ以上に漆喰は風雨にやられてスカスカになっているんだな・・・(泣)

Hibihosyu00

ヒビの幅は、パッと見て太い!と思った奴でも0.3mm行かない。
ちなみに、これは道路から見上げて「あ、あそこのヒビは太い」と思った部分。
クラックスケールがないので、ノギスを0.5mmに設定して対比してます。
でも、これが結構根深いヒビになってます。

Hibihaba00

この下がどんな風にかというと・・・こんなん。
このさきは超長くなるので割愛。別日に紹介しまふ。

Hibihaba01

おりゃ~、とりゃぁ~~~~~ゴリゴリ、ぱっぱ~~←擬音
とやって下側部分のできあがりはこんな感じ。

Hibihosyu06

窓の下のヒビは窓を開けて体を乗り出せば対処できるんですけどね
窓の上のヒビは・・・ここってハシゴがかけらんないんですよ。小屋根があるので。
足場がないとなんともならない。ただ単に瓦の上に出ると、幅がないので
落ちちゃうし・・・と頭を悩ませた結果~これ(笑

Hibihosyu01

昔取った杵柄ではないけど~まるでクライミング状態。
ハーネスが無いので、仕方なくロープワークで対処。
この後ロープコントロールで左の窓周りも全周剥離して、ひび割れを補修。

瓦を気にして動くから足が疲れたよ・・・

ヘルメットは・・・忘れました(汗)

よい子はまねをしちゃ~だめですぜ。危ないから。

さて、明日は漆喰塗り。
本日はよく働いて疲れたのでココマデ!

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

外壁の修理(1)・・・観察と準備

涼しくになってきましたね~。DIYするにはもってこい。
酷暑日とかとてもやってられません。そんなかやられるプロの方に頭が下がります。
そういう私は仕事をさぼって書いています。書かないと溜まっちゃうので(^^;;

さてさて、ま~、DIYの基本は

気が向いたときにやるにきまっとる、べらんめぇ^だそうです

時々、せっぱ詰まってやらなきゃいけなくなるのもDIYですが(爆)

さてさて、先日外壁を高圧洗浄しました。
たくさんの汚れが漆喰表面といっしょにオサラバされました(汗
そして、たくさんのヒビが見受けられました。ん~けっこうすごいよ。

窓枠の周りとかのコーキング下地の部分はモルタル下地と異なり
密着性が悪く、ヒビが多く入っいるところが多い。コーキングとの境目なんか特に。
そりゃ、いくら変性シリコンは塗装が出来るといっても、モルタルと比べれば
親和性が悪く、密着しないのはあたりまえちゃ当たり前。当然ちゃ言えば当然。
結果、漆喰とコーキングの間に長期に渡って水が浸みて、カビが生えている。

で、カビや水分で浮き上がった漆喰が高圧洗浄で吹き飛んだと。
実はこういう箇所が複数有るんですよ・・・

こういうとこです。赤丸に注目。こういうところが他の窓でも散見。
Kake1

↓はその拡大。
赤丸部分は漆喰の欠けたところ。他にも多数有り。
赤の矢印はひび割れ。青の矢印は掛けが大きかったので、手持ちの補修材を使い
欠けとヒビを埋めてみた部分。材料が白色しかなかったので・・・雨で濡れると白色がくっきり(汗
雨で濡れるとよくわかるので、濡れた後に撮りました(右の窓だけね)
そして、外壁が雨で濡れると思ったほど綺麗になってないことがわかる(汗

Kake01_2

↓は左側を拡大。
赤矢印はヒビ割れ。赤丸の中は漆喰が剥離してコーキングが見える。
青矢印は手持ちのひび割れ補修材でちょっと詰めたもの。
雨に濡れると色の差がくっきり。う~ん、けっこう目立つわ。

Kake03_2

右側、こっちはちょい酷し。

赤矢印はひび割れ。青矢印はちょっと補修材を詰めた跡。
ピンク矢印は漆喰のハゲた部分。

欠けた部分を見ると、黒く見える。これは漆喰の裏で育った黒カビですな(汗

ここが問題。下隅部分のコーキングが奥に入っている。これ効いているのか?
奥に入っている=ここに水が溜まる ですな・・・・(汗
駄目だよコレ。防水は一にも二にも排水が肝心。

Kake02

水が溜まると言うことは湿気があるからカビが繁殖・・・

んにゃ、がニョキニョキっと(恐)

また、高圧洗浄したことで綺麗になって、よくよく見てみるとあちこちにひび割れが
確認できて、中には以前から指摘されているちょっと大きなひび割れもあって
中には0.5mm幅くらいになる大きなやつもいて・・・マズイぞ。
これらのヒビは直しておかないといけないのです、やっぱ中性化が怖い。

中性化ってなんやん?←三河弁

という人のため、軽くさわりをば。知っている人は飛ばしてちょ。
え~、セメントの主原料は石灰で、漆喰の主原料は消石灰です。
ふむ従兄弟か兄弟てとこか。ちゃうちゃう。これらに砂やら骨材やらホニャララを混ぜて
それぞれモルタル、コンクリート、漆喰とかの建材になるわけです。
どれも水で練って使いますが、これらは強アルカリ性です。
乾燥し始めると、アルカリ性が弱くなるのですが、長期に渡ってアルカリ性です。

ということは、カビや藻や苔が生えにくいちゅうことですね。
そしてモルタル内部にあるラス金網とか鉄は錆びないちゅうことですな。

ん?おまえの家は漆喰なのに苔が生えたがな?

はい、そうです。漆喰(タナクリーム)の調合具合にあるのかは置いておいて
長期に水で洗われ、そこだけしめった状態が続いて、漆喰のアルカリ性が
無くなってしまって、中性化したためカビや苔が生えました。当然表面も荒れてぼろぼろ。
指で触ると白くなってしまう、いわゆるチョーキングが発生。もうダメな状態です。
モルタル壁も、ヒビから長期に渡って水が浸みこんで洗われるとその部分がどんどん
中性化され内部の金網、鉄筋が錆びます。

だから、中性化させちゃいかんの。ダメになっちゃうから。
男もトイレで座ってチッコばっかりしてると中性化してダメになるぞっと

ま、この際、漆喰表面は消耗品ということで諦めてるとして・・・(苦笑)
ヒビ割れも含め、モルタル+漆喰壁を補修しなきゃ。
う~ん、DIY修理する為の材料、工具を入手するのが先決。

当然安価で入手が大前提!

どこで買えばいいかは・・・そりゃ色々探すしかないけど(笑)探しました。
DIYのキモはお店を廻ること。そしてネットをググることかな。

はい、見つけました。

その1、コンクリートのクラック補修用ペーストモルタル、しかもアイボリー色!
その2、簡単に塗れる外壁用のねり済み漆喰、しかも骨材配合済み

さぁ、次回はこれを使って壁の補修ですな。あ!その前にコーキングをチェックチェック・・・

さて、仕事に戻ろう・・・・

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

外壁よごれ落とし(4)・・・考察

ここのところやっと涼しくなりました。こうでなくちゃ体がまいっちゃいますね(汗
特に今日は雨が降ったので涼しい涼しい。

さて、外壁の汚れ落としはまぁ、適当に、休日が暑かったらまたやろうかと(笑)
実はまだちょっと洗ってないところもあったので。ま、暑くなきゃ来年でいいわさ。

家とつきあうにはこのくらいの適当さが肝心(爆)

で、先日のビフォーアフターの続きです。ハイ、ここでK-GのBGM!あればいいねぇ。

ビフォー。
窓の下の垂れもそうだけど、酷いのは換気扇フードのとこ。
上からの雨垂れがフードに当たって、それが飛び散って汚れる。
ちなみに、これは油汚れとかではありません。

Befor1

アフター
うん、すっきり。雨の今朝撮ったのでちょっと暗いけど。

After1

さすがに、このくらい綺麗になると

「良い仕事してますね~」

某氏みたいな台詞が聞こえる。

ただ高圧洗浄なので、前回(1)で書いたように注意有り。

汚れのみ落としているわけではなく、長期に渡って水がしみこんだり
カビが生えたりして中性化したのか、漆喰仕上げのもろくなった表面部分ごと
薄皮を剥がすように削り取っている。だから、色が濃くなって見えるところは
漆喰が薄くなっている。数年後同じように汚れたあと、高圧洗浄すると・・・・

モルタルが出るまで剥がれるでしょう。確定。

多分、力を入れて洗えるのは・・・・あと1回くらいか(汗

洗ったことで、なんだかヒビがよく見えるようになった・・・じゃなくて
今まで壁をじっくりと見たことがなかっただけなんだな。

ん~、ヒビ割れも漆喰の欠けも・・・・直さなきゃ。
当然DIYですよ。DIY。基本はすべてDIYしかないの。

なんてっても施工会社は潰れて無くなってるから自力でやるしかないさ~
立峯があっても予算の問題で頼めたかはわかんないけど。

まぁ、DIYで安価で済まそうちゅうことが一番大きい(爆)

修理部分まで入りそうなので、本日はこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

外壁よごれ落とし(3)・・・本年は完?

いや~、今日も今日とて、熱うござんした。またしても35度越え(汗

皆様、酷暑お見舞い申し上げます。

って、この熱さも来週までということだし、寒くなってくると外壁洗浄をする気が
失せてくると思うので、本日を本年の洗浄最終日としました。

さっさとやってしまえばいいのですが、なかなか休みが取れなかったのと(^^;;
先週はやたらバタバタして、ブログの更新も出来なかったもんで。

さて、今回でのべ3日目なので、勝手はわかってます。
パッパッパと洗浄機を準備して、脚立も準備して、窓を閉めて。

ぷしゅ~~~~~~~じゃ~~~~~~←擬音

三時間後終了。

お隣さんにはちゃんと声をかけてからやりましょうね。
やっぱ、これがマナーてもんでしょ。ハイ。

さあ、お待ちかねのビフォー&アフターです。

まず、全景。
洗浄前(7月)全体にすすけて見えますね。
そりゃ、7年も放置すれば、こんなもんだと思う。

First_2

洗浄後。ん~、新築とまではいきませんが。キレイ(驚)

Photo_2 

洗浄前、窓の下のタレ跡が汚い。

Photo_3

洗浄後。タレ跡を完全に消せないけど、これ以上は無理。
完全に消すにはタナクリーム(漆喰)を削り落とさないと(汗
上の方は足場を組まないとちょっと無理だなぁ。何とかしたいけど(泣)

Photo_4

細部。洗浄前。

Photo_5

洗浄後。タレ跡は完全に消せないけど。
ちなみに、矢印部分のクラックは埋めてみた。

Photo_6

ビフォー。ハシゴは屋根に上るための借り物なので、関係ない(笑)

Photo_7

アフター。うん、すっきり。特に水切りの部分。

Photo_8

ビフォー。換気扇フードの上がひどい。

Photo_9

アフター

ん?写真忘れた。明日の朝撮ろう。疲れた・・・・

しかし、洗うとかなりキレイになるもんだと痛感。薄汚れた感じが無くなった。
なんてっても、隣のお宅から

「すっごいキレイになったじゃん~」←スゲー嬉しかった。
(俺って俗物だな~って言うのを痛感。)

お褒めの言葉をいただきましたし、近所の方かから

「高圧洗浄機って、ほんとに落ちるんだね。買おうか迷ってたけど買おう」

と声をかけられました。あ、何もリョービの回し者ではありませんよ(笑)
もし購入するなら、ホースは長く、家の大きな人とか、外の水栓、コンセントが
一カ所しかない人は延長ホースを購入して、トータルで20m位長さがほしいですね。
なんてっても私、洗浄機の水栓を途中で付け替えましたのでね。
コンセントも外に2カ所あったから14mで出来たけど。

10mごときでは家の洗浄は出来ね~ぜ、べらんめぇ^

と、江戸っ子の親爺も言ってます。

でもね、実は、外壁をキレイにしようと思ったのは、見栄えをキレイにしたかった

のではないのだよ!ワトソン君。←誰だよそれ?

外壁の塗装をするため下地造りの洗浄が目的だったのだよ。ホホホ。

そして、この後タナクリーム、漆喰の剥げたとところとか、窓枠の周りで
ポロッと欠けた部分なんか試験的に漆喰補修してみました。
どうなるかわからないのでね。でも、うん、なかなか。

これを書くとさらに長くなるので、本日はこの位で。
う~ん、いい加減「雨漏りの件」も書かなきゃな・・・(汗
ネタには困らないんだけど、書く間が・・・ヤレヤレ・・・

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

立峯名古屋が社名変更

施工会社の立峯は倒産し、(したのかさせたのかは不明)もと代表はアップウイッシュへ。
そしてそこで輸入住宅部門を立ち上げて、この秋からなんだかやらかすらしい。

ふ~ん、あ、そう。

従業員だって、会社が潰れて生活に窮すわけだからどっかに再就職しますね。
再就職先で心機一転、新規一転してもらわなきゃ、こっちも夢見が悪い。

なんてったって、明日は我が身よ・・・(汗
でも代表責任者のことはまた別。ユーザーを切ったんだから。

立峯(株)には名古屋以西を担当する立峯名古屋(株)ていうのがありました。
株式が分かれてるから当然別会社。名前がにてるから「何とかせい」
なんて言う気もさらさらりません~。してくれるなら言うけど(笑)

ただね、その(2)で書いたように、残すためだったのかなんて勘ぐったわけですよ。
あ、別に営業妨害でもなんでもないです、単なる素人の第一印象。
立峯名古屋(株)のかたは全く存じ上げませんから。ハイ。

でも、立峯(株)が11月に倒産して、「同じような名前でよく続けるなぁ~」と思っていたら
どうもCIされたようです。会社名変更。あたらしい会社名は

株式会社詩絵素楽の家(しえすたのいえ)

ふむふむ、なるほどなるほど。普通どっかに「社名変更しました」くらい入れるけど
ま、今回はそれはちょっと・・・てことかな。もしかしてオレのせいか?(わけないな)

旧)立峯名古屋(株)で建てられた方、連絡はきましたか~?って
正直ど~でもいいか?ま、単なる情報情報。

この世の中、情報が命ぢゃ、べらんめぇ~

と江戸っ子の親爺も言ってます。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

過去にやったメンテ・・・床(1)

今日も昨日も熱い熱い!使う漢字も「暑い」ではなく「熱い」がぴったりだと思う。
この熱さはまだまだ続くよ・・・・やれやれ。

さてさて、以前ちょっと書きましたが~

昔というか、以前行ったちょっとしたメンテナンスを見たいというきとくな方が
最低でも約二名ほどおみえになられてますので、ボチボチと書きます。

まずはその第一弾!

シリコンシーリング!

いきなりシリコンシーリングなんて、これもまたマニアックか・・・?
だいたい、シリコンシーリングなんて業者さんにやってもらう作業で
施工主が行う作業じゃないですよね?と思うけど(汗

いや、実はこれには訳があります。
ていうか、建築会社はたぶんここまで考えてないかと思う。
もし考えてくれてたらそれはもうすばらしいです。

我が家の床は無垢のパインです。2階の床はコストダウンで1/2インチ厚のものです。
これを使って家を建てて見える方も多いですよね。梅雨の時期とか今の時期とか
裸足で生活する我が家(笑)にとっては足触りがよくてもうやめれません。

仕上げはリボスのオイル塗装、というかオイルスティンです。
色つきオイルを木材の表面に染込ませて表面の保護を行ってます。
ですから、実は塗装とは異なります。染めると言う方が正しいでしょうか

ぬか袋で床を磨くと、ぬかの油分が木に浸透してピカピカになるのと同じです。
床のメンテナンスは専用のワックスを水で薄めて、それで拭くだけです。
専用のワックスも実は米ぬか油成分みたいなものです・・・(笑)

ということは、防水性は?・・・・余りありません。というかつなぎ目から吸収します。
ですから水をジャバ~っとこぼしたときは速攻で拭きましょう(笑)

反面、床がへこんだときは脱脂綿にお湯を含ませてへこんだところに一晩置くと
湿気を吸ってへこんだところが膨張してふくらんできますから・・・・です(笑)

この床はトイレにも貼ってあります。洋式トイレです。

これです。2階のトイレ。

Tware1

女性はいいのですよ、女性は。ん?なにが?

こぼさないから(大汗)

大人の男もそうそうこぼしません。
たまに飛び散るけど・・・飛び散ったやつがトイレの臭いと化すらしいのですぐ拭きましょう。

問題は子供です。小僧です。特に幼稚園児~小学校の1,2年の時です。
我が家の小僧も幼稚園児の時に新居に引っ越ししました。そして~~~

速攻で小さい方をOBしました!

気がついたらすぐ拭くのですが、どうしても隙間に入ってしまっている。
気がついたときには遅い・・・・

何度かやるのですよ、OBを。こぼしたら言うように話すのですが
本人は気づかないというか、気づいて言ってくれない。というか~
幼稚園児にそんなことを期待してはいけません、無理です。当たり前です。

仕方なく、便器を床から浮かして水を大量に撒いて薄めて拭き取ることを
何度か繰り返しました。何度か小僧を怒ったこともありました。
だって、夜寝る前に気がつくんだもん・・・

ある時ひらめいた

隙間に染みるなら、隙間を埋めればいいじゃん!←当たり前

で、やったのはこれ、便器と床の間のシリコンシーリング。てかコーキング。
赤い線のとこ。便器は一周やってあります。

Tware3 

ついでに床と床の継ぎ目も便器の周り30cm四方はシーリングしました。
指でちょっと塗り込んだだけ。こまかなとこのできばえはどうでも良いのさ。

要は染みこまなきゃいいのぢゃ!べらんめぇ~

この位大らかでないと輸入住宅には住めませんぜ、親方ぁ~

そして、水拭きをしやすくするために、この床は数回リボスを塗り込んで
他の部分より防水性を上げました。その結果

小僧を怒らなくてもよくなった。お気楽モードです。
ま、壁にやられたときはさすがに・・・絶句でしたけど(爆)

小さな男の子が見えるお宅で、これから建てる方とか建ててる方は
建築会社に相談して、完成後シーリングして貰うのが良いでしょう。
ま、自分でやっても1000円も要りませんけどね(w)

でも引き渡しの前にやって貰うのはどうかと思います。
ん?何故か?

住んでトイレを使用して、水漏れの無いことが確認できないと
後が大変なことになりますのでね。

一階はテラコッタなので、また別の問題がでましたが・・・

長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

何が何処が欠陥、いや施工不良(番外編)

ここのところ、延べ三日屋根に上がりました。週末のことね(汗

普通の一般人は屋根には上がらん!

のですが、まぁ、そこはそれ、色々とありまして。
元はと言えば、地デジから発生。地デジアンテナの日記にもあるんですが~

アンテナはちょっと手を伸ばせば届きそうな位置にある。

最終アタックを目前に天候が悪くアタックできないもどかしさというのか
昔、山やってたのでつい←すみませんまた大嘘です

すぐ目の前にえさを置かれ、お預けさせられているワンコのよう。
こっちが僕らしいという背後霊様たちのお言葉です・・・

ま、なんにせよ屋根に上がったわけです。
良い子は決してまねをしてはいけません。危険ですから。

ま、オイトイテ。

そうそう、屋根に上る時ふと目に入った。なんというのか・・・

これ(汗

Kawara5

なんぢゃぁごりゃぁ~ぁぁ

のし瓦、袖瓦、軒瓦はねじで止めてあります。落ちないように。
ここのネジはステンレスで、かつ瓦が割れないようにパッキンが入っているんですが
パッキンが無い!じゃなくて、ネジが締まってない・・・・
緩んだとか座りが変わったと言うレベルじゃなくて、これはもう閉め忘れか?
この瓦は手で動かすとガタガタするし。台風の時に良く耐えてくれたね(泣)

ということで、この際だから軒瓦を除いて(屋根から落ちたくないから)
のし瓦と袖瓦のネジのチェックをして、しまって無いのを締めました。

お~い、なんで8本も締まってないのか・・・・やれやれ。こんなもんか。
やっぱ、施工不良だよなぁ、ふぅ・・・

番外編番外編・・・ちゃんちゃん。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »