最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

サーモグラフィ

サーモグラフィ点検結果(3)

オカ商建さんからいただいた他の画像も。

こんな感じです。この壁面は北側なので南面に比べ雨の攻撃(w)を受けにく、直射日光が当たりにくい(間接光はあたりますよ)ので、モルタル壁の温度変化が少なく(南面は寒暖の差が激しい)結果として「南面より環境が優しい」面になっていると思います(ほんとかどうかは定かでない)

私の家は雨が降り出すとき、特に低気圧の影響で直接雨が降るときとか、台風の時は南風にのって南面が風雨にさらされますからねぇ・・・。南面二階に大きな掃き出し窓なんざ付けるんじゃなかったと台風で後悔した年もあったので。

Ir_dira_0047

もいっちょ。

Ir_dira_0049

この画像を基に、プロが「大丈夫でしょう」と判定した物には素直に従います。ハイ。
ま、素人目に見ても南面のような大きな低温域は見られませんしね。

なんか天気図というか、衛星画像を基に天気予報でもしてる感じ(爆)

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

サーモグラフィ調査結果(2)

調査をしていただいた業者さんからIR画像をいただきました。

私は専門ではないですが、見れば意味はわかります。画像の青部分。

Ir_dira_0064

ここが色温度が低いということで、低いのにはなにか原因があるということですね。その原因はやはり水分。水分があるから温度が低いのか、蒸発したいためにその部分で気化熱を奪うため温度が低くなるのかは・・・ま、どちらでも(笑)しかし、汚れ部分は黒いから太陽熱で温度が上がっちゃうんですね。

業者さん、「オカ商建」といいます。

プロの目で見て、この部分、特に二回窓と窓の間、ちょっと下の青い部分に滞留水があるでしょうとのこと。確かにそこの上にはヒビがはっきりありますし。手が届かないのでクラックが何ミリあるかはわかりませんが・・・・

よくよく見ると、その下の部分とか画面左側の方、こちらも青いです。温度低いです。なんせこの辺りに問題があるてことですか。しかし、このへんは草木に影響もうけそうなのでなんとも。しかし可能性のあるところはしっかりつぶしておかないとマズイす。

懸案の面戸部分、画像をみるかぎり大丈夫そう?

ん?2階の向かって右二枚ガラス・・・・ガス抜けてるのか・・・・ちょっとチェック要かも。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

サーモグラフィ調査結果(1)

業者さんからサーモの結果と見積書がメールで到着。実は火曜には届いていたのだが、PCの具合が悪く見れず仕舞い・・・業者さんごめんなさい。

【結論】

 外壁内に滞留あり。原因はモルタルのひび割れと思われる。

【見積り】

 外壁のひび割れと補修の塗装(タナクリーム)

【コメント】

 定期的修繕をお考えのようでしたら地元でかかりつけの業者さんをさがされるのも良いでしょう。

なんて商売っけのない方でしょうか・・・違います、たぶんすごくまじめな方なんですよ。

よし、地元の業者で相見つもりとらせよう。値段が同じくらいならこの業者さんに頼もうかと思う。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

サーモグラフィ調査(2)

業者さんと色々と話をして、なんやかやと訪ねてみる。

「今雨漏りしていますか?」←業者さん

「いいえ」

「10年間で雨もりしなかったら、施工方法の是非はともかく、結果論、建物としてはOKという考えが出来ますよね」(発言通りではない、私はこう解釈した)

なるほどなるほど、確かにその通りだとおもう。30年は保って欲しいが(w)

今回気になっているのは面戸(で良いとおもう)の処理。この部分のルーフィングと壁面防水シートの取りあい、雨仕舞いに問題がある。

「今、あそこを壊して再施工することはどうですか?」

問題は費用対効果です、築7年、正直手を入れるにはちょっと早いですね。あそこを壊してとなると、足場を組むことになって、それならと壁も含め全体をやることになってきます。今雨漏りしているなら当然必要ですが、修繕期間のスパンとしては費用対効果が薄いです。何年かすれば家族構成もかわり生活スタイルも変わるでしょうし、そのときも見据えてやった方が効果が出ますよね。外壁補修と雨樋をつけるだけでもずいぶん変わると思いますよ」

「モルタルを壊すと言うことは、防水紙まで一緒にはがすと言うことですから、躯対の合板も壊す恐れもあります、正直防水の観念から、今漏ってなければあまりやりたくないですね」(一部省略)

「うむむむ・・・」

この時代、何が何でも稼ごうとするリフォーム業者ばかりなのに、この業者さん

正直頭が下がりました。ハイ。費用対効果この言葉が出る業者さん。

頼むならこんな業者さんにお願いしたいですね。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

サーモグラフィ調査(1)

今日は午後から雨だそうで、もうちょっと良い天気になるのを期待したんだけど、とりあえず調査が終わるまで天気が持て~

ということで、9時に業者さんがお見えになりました。

経緯、状況、施工時の写真を見せて目的を説明、打ち合わせを軽く行ってから調査開始。

「昨日雨が降ってませんか~」・・・たぶん無いです。

調査のじゃまをしてはいかんので、そそくさと家の中に。

小一時間後「終了しました」というこで第一印象とかを聴きました。

壁面をさして「ん~、ここらへんにモヤッとしたものがあります、たぶんあそこのヒビからのものだと思いますが、詳しくは画像処理後に」とのこと。Home002

真ん中へん、左右の窓をつなぐようにひび割れがあるのが見えますよね。

モルタル壁はやはりひび割れ修理が必須とのこと。

それと、デザイン上雨樋が無いのだが、これはダメだそうだ。瓦を流れてきた雨がそのまま下に落ちる、そして壁を濡らすので壁への負担が大きいと。瓦もスペイン瓦で保水率が高い分汚れが付着しやすい、落ちてくる雨水は汚い、だから壁は汚れるという悪循環。

言われてみれば至極当然。当たり前だわ。

家はデザインより耐久性だな・・・デザインも必要だけどさ。

結果は来週。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村