最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

建物の現状、施工実態

家庭内LAN(プラン&施工実態)

ちょっと前の書き込みをしながら、そういえば~
自力でLAN配線を張った以外は配管通してもらってたんだった。
どんなんだっけ?てことで建築中の配線状態を探してみました。

はい、こんなんでました~(笑

Img_1985

オレンジの配管が光ケーブルおよびLAN配線用の配管です。
黒いの(太い方)が電話専用配管、黒の細いのがTV用同軸ケーブルです。
え~、この写真に自力で張ったLAN配線はありまへん。

写すと都合悪いと思ったから(爆)←もう時効です(汗

まぁ、今のご時世光ケーブルはあたりまえなので、必ず外から一本は
光ケーブル用の配管は必要ですね。室内出口、機材の設置場所は
メインのPCを置く場所、我が家では私の小部屋、サーバーのある部屋です。

屋根裏に置くことも考えますけど、メンテナンスするときが大変!

そこから各部屋のPCへは基本的に配管を利用して有線LANです。
建築から8年経った今ではわざわざ有線でなく、全て無線LANで対応でも
良いかもしれません。1階はノートPCなので1階には無線LAN親機があります。
2階にも無線LAN親機があります。今なら電波強いから一台でいけるかな(笑)

WillとかPS3やDSだのPSPだのやたらネットワーク器械が多いので
ネットワーク機材?んにゃ、ゲーム機だ・・・(汗
無線LANは必須ですがTVを無線LAN??アダプタ内蔵てあったか?
わざわざアダプタ買うのも・・・待機電力もねぇ。節電節電。

てことで、TVやFAXは置くところをちゃんと決めて、配管を通しておいて貰いましょう。

やっぱ有線にはかてんぞ、べらんめぇぇ~。だそうです。

配線工事はDIYで楽勝ですから案ずることはないです。
ちなみに、オレンジの配管LAN配線電話線を通すことは楽勝!なので
同じ所にわざわざ2本配管するのは無意味ですぜ。
1配管に2配線通す工事をやってくれるかは別ですが(爆)

実は今NTTの光からコミファの光に現在乗り換え手続き中・・・安いけど?
光用配管があるので宅内引き込み工事費は当然無料。その他宅内工事は・・・
「そうですね、ご主人さんでしたら楽勝かと(爆)」だそうです。

てことで、長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

約8年後の床状態(1)

天気が悪いと何も出来ない・・・ぢゃなくて、今日は家以外のDIYをしてました(笑)

某所で「パイン無垢床に長年住むと、実際にはどうなるのか」とあったもんですから
実際の状態をちょっとUPしてみました。

ただ、天気が悪くストロボを炊いたので、全般的に床の色は実際の色よりちょっと濃いめです。

まずは、ゴソゴソっとPCの奥底から出してきた、引き渡しの時の床。
まだ家具やカーテンが入ってなく、日も良く入ったので、色味はこんな感じです。
1階は厚さ36mのホワイトパイン無垢材にリボスのオイルスティン、色はオークです。
まだ幼稚園児だったコゾ~君の足はご愛敬。床がきれ~~~~~~

Floabef

で、今の状態はこれ。なんぢゃこりゃ~(^^;;

Floa00

この部分は正直一番ひどいところです。引き渡し後7年9ヶ月塗ってません。
色味はちょっと濃くなってます。初々しさは消えて、年数が醸し出す色つやになってます。
え~、普通は色がだんだん剥げて薄くなるとか、拭き掃除をこまめにすると
色が抜けて薄くなるとか言うのですが・・・ホンとか?

実は我が家は基本「裸足族」なので、みんなの足の裏とかの人脂で・・・

かもされた訳だよ、かもされたの!

拡大するとこれです。実際の色はもっと薄いですよ。
ストロボが光ると黒くなっちゃうのでね。

Floa01

赤矢印の部分は木目と木目の間の柔らかいところで、ここは擦れて色が剥げてます。
こういうところはもう無数にあります、が、これはメンテナンスで塗れば問題ないです。

青矢印は傷です。何かでひっかいた跡です。その何かとは・・・

小僧のジーンズのポッケのメタルボタン!

まるでワンコがおしりを擦ると同じように横着に移動するのが原因・・・・
はい、初めは叱りましたが、正直もうどうでも良くなってます。

階段も真ん中を歩くので、その部分が擦れて剥げてます。
ただ、階段は過去に色の剥げた部分はリボスを塗ってますので
1階の床よりハゲは少ないですね。
こんな感じ。

Step00_2

Steo01

拡大はこんなん。

Step03

どうですか?パインは柔らかいので確かに傷は付きます。
でも、ちゃんと剥げたところのメンテナンスをすればハゲは大丈夫。
ただ、へこみとか、深いひっかき傷は・・・気にしちゃダメですね。

ちなみに我が家の2階はコストからもうちょっと安価な薄いパイン材を使っています。
レッドパインだっけか?こちらはちょっと堅めなので、柔らかいホワイトパインを使った
1階とは雰囲気が異なります。傷の付き具合とか、擦れとか、ハゲとかも。

このように使うパイン材によって、同じオイルスティンをしても擦れての剥げ具合とか
色の熟成具合も変ります。このへんはほんとうに長くなっちゃうので次回にしますね。
って、だれか読みたい人がいるのかな・・・?

本日も長くなったのでこのくらいで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

外壁のヒビ割れを見てわかった(^^;;

だいたい、建物を見るときって晴れた日が多いというかほとんどですよね。当たり前です、雨の日に外壁とか見る人はいません。あははは。

我が家の外壁はモルタル+タナクリーム。簡単に言うとコンクリート+漆喰(色入り)です。外壁の状態を見るのにぬれた状態のほうがよくわかるというのが初めて実感できました。あちこちのひび割れがよくわかる。でも、土砂降りの時は見ないぞ(笑)

で、またしてもマジマジと見ました。

Soft_157

ひび割れの部分、上から水は浸みてきて、横に走っています。けっこう浸みるもんなんだなというのが実感。

ここは庇というか屋根があるところなのであまり濡れなく、漆喰の退色が少ない部分です。ですから濡れた痕がよくわかる。ふむふむ、なるほどなるほど・・・・

ここなら手が届くので、色々と試してみようかと思ってます。

え?目につくところだから止めとけ?←陰の声

おっしゃるとおりかもしれません(汗)

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

雨の降り始めはこうらしい

朝、出がけに雨が降り始めました。

ここのところ、雨仕舞いとか、保水とかなんとかかんとか・・・神経質といえば神経質。しかし、自分の内を建てたときに今の自分の知識があれば、今回みたいなことに陥らなかったでしょう。勉強不足、知識不足を悔やみます。

ん?私らは一般人だからそんなこと知らん知らん?

おっしゃると~りだと思います。

そのために本来は業者さん、現場監督がいるわけだから。

ハイ、愚痴ってないで、先に歩く。

雨の降り始めっての壁の状態とか、窓から水が垂れる様子って見たことがなかった。で、ちょっと足を止めて眺めてました。

Soft_168

風がそんなにないので、窓の上の方は降り始めだと濡れないのです。写真を見てもらうとわかりますよね。降る方向とか、お隣さんとの気流もあるのか。でも、雨がもっと大きくなったら濡れるのでしょうが。

てこたぁ、あそこのヒビは早く直すべしだな・・・・何で直そう?

変成シリコンシーラ?それともエポキシ系接着剤?う~ん・・・・後日のモルタル塗装に影響が出ないよう、かつ耐久性、モルタルの接着強度phは?・・・・あんまり気にすること無いのかな。ラス入ってるし・・・

素人でも手に負える材料と方法を模索です。フゥ(^^;;

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

内壁の状態(1)カビよごれ

土曜日は東京出張の為いろいろ出来ず。しかし、ちょっと気になったところがあったので、行動実行。

2階の北側部屋内壁の隅が実は6年くらい前にかびました。

内壁はプラスターボードに紙製の壁紙を貼った構造。オガファーザーと言って、紙とウッドチップの混合壁紙なので、ECOそのもの。吸湿排湿も可能ということでした。たしかにそんな感じ。

その年は洗濯物を干して、乾燥機を回してました。室内温度が上がり、湿度も上昇。そして、その隅っこにものをおいていたので・・・・かびました(泣)

001_2

カビが下の方で、上から水が伝ってきた状況もないし、結果雨漏りではないということでしたが、気になってその部分をさわったら何となく湿り気が・・・・プラスタボードもちょっとパカパカするし、巾木もちょっと浮き気味・・・・

てことで、ウジウジ悩んでいても仕方がないので~~~~~

プラスタ-ボードを切ってめくってやったわ!

002

ご存でしょうが、プラスターボードは強度部材ではないので、簡単に割れたりへこんだりします。めくるにはカッターナイフで切ればいい。あとでも一回張り直せばいいだろうと・・・本当は壁紙だけめくってやればよかったのでしょうが(反省)そのときはそんなことは考えもせず、決めたら一直線!

サクサク切って切って切る(汗)

結果、プラスターボードの外側、断熱材側には一切汚れはなく、ボード断面を見てもボードが湿潤した痕もない・・・・考えればわかるよな。

Soft_167

水漏れすれば湿潤するじゃんね(泣)湿潤すれば膨れてボワボワになるわ・・・ああ、大馬鹿でした。

でも、ま、これで気持ちは落ち着きました~一安心。

壁の修理は・・・また後日。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

滞留水(漏水)調査

外観からその内部がどうなっているかは確認できない。これが住宅を検査する上での問題。

どこにどういう問題があるのか、そしてその結果どうなっているのか、その修復はどうするのか?それを総合的に考えなければならないです。

今まさに雨漏りがするなら原因を見つけ対処することは出来る。

ところが、事は「雨漏り、漏水」ではなく、「滞留水」。ということ。

私が確認したいのは、筐体、構造用合板がどうなっているのか、防水不良で水が溜まって腐ってダメになっているのか、問題ないのかどうかってこと。しかし、構造施工上の問題が7年後筐体にどう影響が出ているのかを確認することは正直・・・モルタル壁を壊して確認するしかない・・・破壊検査かよ・・・

壁を壊す=そのまま修復ということ。

もし筐体に問題がなければ莫大な費用が水の泡、そしてさほど問題のない物を壊すと問題が発生するようになる・・・筐体をいじめるわけだから当然。

足場を組んでモルタルを壊して再度モルタル壁を作り直す・・・100万単位でお金が出る。そんなの無理無理ってことでいろいろ考えて、非破壊検査がないかって調べました。

ありますがな(三河弁)

サーモグラフィを用いた漏水点検。なるほどなるほど。業者さんを調べて連絡を入れて日時を打ち合わせる。

実施は7/3と決定。当日雨が降ったら延期ということで。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 欠陥住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

竣工から7年の状態

思い起こせば今からおよそ約七年半か(w)

我が家は2003年2月に引き渡しが終わりました。竣工は2002年12月。あれからず~っとこの家に住んでいます。

はい、ごらんの通り輸入住宅です。はやりましたね。今はどうだか知らないけど、南欧風、スペイン風とでも言いましょうか、確かにそのイメージを持って建てました。土地から購入、輸入住宅会社での注文住宅。あちこちにこだわった造りです。気合い入ってました、燃えてました(笑)

あのときを思い出すと懐かしやら恥ずかしいやらいですね。

7年も経つとさすがに外壁も汚れ時々リフォーム屋さんがきます。ま、確かに汚い(爆)

First

こんなんだもん。ま、7年放置してるしるしね。

ブログランクに参加しています。よろしければポチッと。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ